後天性免疫不全症候群=HIVについて

………エイズについて、ご心配な方は、 もよりの保健所 へご相談下さい。………(匿名・無料のようですよ。)

.エイズとは?

1981年にアメリカで最初の患者が発見されました。1983年に病原ウイルスが発見されました。
エイズウイルス(HIV)に感染しておこる疾患です。感染すると免疫力が低下し、様々な感染症や
悪性腫瘍にかかりやすくなります。   

.症状・経過は?

HIV感染      6〜8週間後に初めて血液中にHIV抗体が検出されます。
無症状期     人によって違いますが、平均して約10年、症状のない期間が続きます。
エイズ関連症候群●持続するリンパ節の腫れ●持続する発熱、下痢●急激な体重の減少●倦怠感、寝汗など
エイズ        体の抵抗力が低下し、各種の症状がでてきます。
           ●日和見感染症(カリニ肺炎、カンジダ症、サイトメガウイルス感染症等)
           ●二次性悪性腫瘍(カポジ肉腫、悪性リンパ腫)●神経障害

.エイズの感染経路と予防策は?

感染経路は限られています。
       ●性的接触●オーラルセックスでも感染する可能性があります。コンドームの使用が有効。
        ●母子感染●感染している母親から、妊娠・出産・母乳によって感染します。
       ●血液による感染●血液がつきやすいものは、共用しない。注射器や針を共用しない。
日常生活では感染しません。
       食べ物・食器、咳・くしゃみ、握手、プール・風呂、つり革・手すり、蚊・ハエ、ペット、献血など
無知・無関心による誤解や差別をなくしましょう。
       HIV感染者の心の支えになるのは、家族や友達、同僚など周囲の人の思いやりです。      

4.エイズ検査は?

     HIVに感染すると、血液中に抗体ができます。検査では、この抗体を調べます。
     正確な結果を得るためには、感染の機会から3ヶ月以上経過してから受けてください。
     各区の保健所では、原則として匿名・無料で検査を受け付けています。

5.エイズの治療は?

     今のところ、根本的な治療方法はありませんが、HIVの増殖を抑え、病気の進行を遅らせる
     治療や免疫力低下によっておきる感染症等に対する治療薬が次々と開発されています。
     感染初期からの対応は重要です。

名古屋市・STOP AIDS・パンフレットから 2006.04現在

     【エイズのポスターを見る】

頁のTOPへもくじへ戻るホームへ戻る
Copyright © 1996平成8年8月8日
ボランティア・グループ・ サークルπ
このページの更新・平成20年5月25日
この頁は終わりです。