パイ・ウォーターって知ってるよね??? 我が家の不思議な体験記

チョト不思議な水そろそろ始めませんか?。生活に広がる安心な水

地球の環境、社会の環境、そして・・・体の環境を考えましょう。今水を考える時。。。。。。。
この水を愛飲すると、発汗作用がよくなることに気づきます。身体の新陳代謝が活発になるのです。
また、飲みはじめに体調が悪化したような状態になることがあります。
東洋医学でいう好転反応だそうです。身体が変化する一時的な反応です。

料理に使用すると…
◆お茶 ・・・・・・・・お茶がですぎても渋味にがみがなく、子供でもお茶を好んで飲むようになります。
            香りや色もよいです。お茶の水出しも、よりまろやかな味になります。水道水と比べて下さい。
◆茶渋 ・・・・・・・・少し固めのスポンジに、この水を浸し茶碗をこすると茶渋も取れます。アーラ不思議
            ステンレスの流し台もピカピカになります。
◆コーヒー・・・・・・この水でコーヒーを入れると香り、風味が増します。水道水よりもゆっくり出ます。
◆お酒 ・・・・・・・・アルコールの酔いさましに、この水を飲むと、短時間で酔いがさめます。酒を飲んだ夜は、この水を飲んで寝ると、
            二日酔い悪酔いはしません。目覚めもよいです。二日酔いになっても朝コップに1〜2杯飲んでください。
            シャキッとします。飲酒前にこの水を、飲むと胃壁を保護し、飲酒後にこの水を飲むと尿の量が増え
            アルコールの排出がはやいです。血液中のアルコール濃度を早く下げます。
◆お米 ・・・・・・・・この水でお米を洗います。炊く水も、この水使用します。水の量は少しひかえめにします。
            ご飯が白くふっくらと炊き上がりとても美味しいです。残ったご飯も臭くなく変色しません。
            またレンジで蒸す場合はこの水をスプレーにいれ噴霧します。
◆味噌汁 ・・・・・・味噌の量が少しでも、おいしい味がでます。
◆豆腐 ・・・・・・・・料理をする前に豆腐を、この水につけておくと、この水の色が黄色に変色することがあります。
            添加物がにじみ出たと思います。但し製造方法と豆腐の種類により、この水変色しない場合もあります。
◆なべ物 ・・・・・・あらかじめ野菜やその他食材を、この水につけてから鍋物につかいます。煮汁(この水を使用)が濁りません。
◆カキ ・・・・・・・・カキを洗う時、大根おろしで汚れを洗います。漂白するのかな?。この水を使用すると手間が省けます。
            この水で洗って下さい。
◆肉(牛豚鶏魚)・すき焼きやシャブシャブの肉を、この水に浸し血抜きをすると、肉の臭みもなく肉が軟らかくなります。
            灰汁の量が少なく、だし汁もきれいです。鶏肉も同じことです。
◆魚の干物・・・・この水に、漬けてから焼くと、塩味がうすく臭いもありません。
◆豆類の煮物・・豆のうまみがよくで出ます。その上軟らかく早く煮えます。
◆金時豆 ・・・・・・豆をこの水につけて戻します。この水の戻し水を捨てて、新しくこの水で10分間ほど煮ます。そしてこの水の
            ゆで汁(豆のアク)を捨てます。新しくこの水を入れて(たっぷり)落とし蓋をして煮ます。
            豆が軟らかくなったら煮汁を捨てて砂糖、塩で味をつけます。美味しいですよ。
◆野菜 ・・・・・・・・しなびた野菜類も5〜10分でしゃきっと生き返ります。野菜の煮物味付けが薄くても美味しい。
            この水が野菜のうまみを引き出します。調味料の節約になります。塩分制限に役立ちます。
◆野菜の鮮度・・レタス、キャベツをこの水につけます。キャベツの千切りは特に甘みが増します。残った時も酸化反応しにくいので
            茶色くなりません。リンゴも同様にむいて、この水に漬けておけば水道水に付けるよりも、
            酸化反応が起きません。
お浸しゆでもの…
◆ほうれん草・・・この水ででゆでると緑色がきれいです。シャキシャキと歯ごたえがあります。
◆ブロッコリー・・この水でゆでるとコシがあります。また色も鮮やかです。残っても日持ちがいいです。
◆枝豆・・・・・・・・20分ほどこの水に漬け、この水でゆでます。枝豆の皮が緑で感激です。
◆ワカメ・・・・・・・浸しすぎてもヌルヌルになりません。ワカメの緑がうれしいですね。残ったワカメを冷蔵庫で保存してもヌルヌルに
            なりませんから美味しくいただけます。
◆牛蒡・・・・・・・・灰汁を抜く時、この水に少しつけて、皮をむきすぐ、この水につけます。水道水だと酸化して薄茶色になるが、
            ゴボウは、白いままです。アクが手につきにくく、ゴボウをかまった後の手もきれいです。
            (いつもは真っ黒にアクが付きます。)
身体の変化
◆皮膚・・・・・・・・いつものカサカサがなくなります。痒かった感じが感じられません。
◆目・・・・・・・・・・白目がよく充血していたが、いつも白目がきれいです。
◆爪・・・・・・・・・・爪全体が柔らかでしたが、固くしっかり生えるようになりました。
◆髪・・・・・・・・・・毛のつやがよく、弾力のある髪の毛になりました。
他にもいろいろ…
◆お風呂・・・・・・お風呂へバケツ2〜3杯、この水を入れます。ヌメリがでません。汚れが少なく、沸かし直しでも心地よく、
            水の節約になります。
◆洗濯・・・・・・・・πウォーターで洗濯すると泡だちがよく、少しの洗剤でより白く仕上がります。すすぎも短い時間で出来ます。
            この水は塩素を含まないので色物は剥げないし、生地もいたみません。
◆自動車の汚れ・この水で水拭きします。固めに搾ったタオルで水滴をとります。雨上がりの車の汚れが以前より
            目立たなくなります。不思議ですよ。

・・・・・・如何ですか?体験から家族の生活観が代わりました。・・・・・・

まだまだいろんな体験が出てくると思います。今回は料理などの体験をもとに記載しました。

お問い合わせや、ご質問のメールはここをクリック下さい。
頁のTOPへもくじへ戻るホームへ戻る
Copyright © 1996平成8年8月8日
ボランティア・グループ・ サークルπ
このページの更新・平成19年8月13日
この頁は終わりです。