今回の診診連携についてお断り

診診連携(診療)千種区等の場合

**診診連携とは何でしょうか?**

  1. 物理的に離れた2診療所以上の連携。
  2. 各診療所の経済的な完全独立。
  3. コンピュータによる患者情報の共有。
  4. 電子会議室による診断,治療の相互チェック。
  5. 医療機器の相互利用。
  1. 3人以上の医師で構成。
  2. 同一診療所を共有して使用。
  3. 患者情報の共有。
  4. 経済的基盤の共有(利益の配分)。
  5. パラメディカルの共有。
  6. 医療機器の共同使用

**診診連携の必要性**

  1. 現代の多様化した患者さんの病態に、一人の医師だけでは対応が難しくなってきたこと。
  2. 他の医師の意見を簡単に聞けるグループ診療は、医療の質を向上させることが出来る上、患者さんの信頼を得易いこと。
  3. 開業医師の経済的かつ精神的負担を軽減する効果があること。

**いろいろな診診連携**

  1. 同様の標榜科医同士の連携(内科同士など)。
  2. 異なる標榜科の診療所同士の連携。

**なる標榜下同士の連携**<内高A診診連携>

  1. 診療所間の親睦。
  2. 診療所間の医療相談(紹介による)の活発化。
  3. 在宅医療の受け皿。
  4. 救急時や休診時の相互扶助。

**標榜科がほぼ同じ診療所同士の連携**<名古屋北中診診連携>

**参考文献**

  1. グループ診療所研究会編:明日のグループ診療 社会保険研究所,1994
  2. 森博彦:地域の診療所の連携によるグループ診療 グループ診療研究………第2巻1号 1996
  3. 厚生省老人保健福祉局老人保健課監修:在宅ケア実践事例集 1996
  4. 柴田恒洋他 診診連携とコンピュータネットワークによる患者情報の共有化…・グループ診療研究 第2巻2号 1996
  5. 名古屋市におけるグループ診療の展望 名古屋医報1093号 H8/5/16号
  6. 森博彦 他:グループ診療としての診診連携の試み 愛知医報1458号………H8/3/10

**文責:森博彦 連絡は下記まで。**

TEL 052-751-4996 NIFTY QWK01750
FAX 052-762-1099 E-mail QWK01750@niftysarve.or.jp
次のページへ元のページへもくじへ戻るホームへ戻る
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
内高A診診連携に関する覚え書き

4/1/95

当診診連携システムの名称

本システムは「内高A診診連携」と称する

当診診連携システムの目的

  1. 当該診療所間の親睦を計ること。
  2. 各々診療所の特徴を生かした医療連携を組むことにより、地域住民に健康保全と疾病の予防さらに継続的な医療を提供する。
  3. セカンド・オピニオン制度を導入することや種々の医療情報を共有することによってお互いに医療の質の向上を目指す。
  4. 当診診連携システムは、在宅医療の受皿の機能を果たす。

当診診連携システムの機能

  1. 当診診連携に参加している診療所が、何らかの理由で休診した場合には、依頼によって他の診療所はそれぞれにおいて、依頼患者の継続治療を出来得るかぎり助けるものとする。但し、休診していた診療所が再開した場合には、さきの患者はすみやかに元の診療所に再び紹介されなければならない。
  2. 救急の医療体制が必要な場合、依頼があれば、当診診連携に参加している医師は、出来得るかぎりすみやかな人的あるいは物質的な援助を惜しまぬこと。
  3. 当該診療所間での医療に関する相談(セカンド・オピニオン)には各々出来得る限りの協力をし、その内容は患者及び部外者には決して洩らしてはならない。
  4. 当診診連携に参加する診療所は、それぞれの診療所の機能を具体的に公開し、必要な場合、器具、薬あるいは施設などを提供し、お互い助け合うものとする。
  5. 診療所間の患者往診以来は、出来得るかぎり時間を調節し、お互い協力し合うこと。車馬賃は、当該主治医が相談して決定するものとする。
  6. 当診診連携システムと契約基幹病院との連携に関する覚え書きは、別項にて定める。

当診診連携システムの入会と脱会

  1. 入会は当会員の2/3以上の賛成が得られれば許されるものとする。
  2. 脱会は脱会しようとする会員の意思表示のみで許される。

覚え書きの改正

  1. 改正は参加医療機関の代表の2/3以上の賛成をもって成される。
次のページへ前のページへもくじへ戻るホームへ戻る
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

内高A・診診連携・診療所一覧(千種区)

診療所名
標榜科
院長名
電話
FAX
住 所
池下クリニック 神経科・神経内科・精神科 加藤 久仁 763-0127 752-3089 千種区高見1-26-4
勝野外科 外科・胃腸科・皮膚科 勝野 751-8831 761-2934 千種区池下1-5-15
高田内科 内科・循環器科 高田 実 752-3733 752-3734 千種区高見1-5-7
森内科 内科・小児科 森 博彦 751-4996 752-0036 千種区高見1-22-19
よしだこどもクリニック 小児科・内科 吉田 政巳 751-4151 751-4120 千種区高見2-12-11
野口クリニック 泌尿・皮膚・形成 野口 幸啓 763-7711 763-7711 千種区仲田2-18-21

診療時間と休診日

診療所名
診療受け付け時間
休診日
池下クリニック AM9:30-12:00,PM4:00-7:00土曜AM 9:30-PM3:00 日曜、祝日、木曜
勝野外科 AM9:30-12:00,PM4:30-6:30水曜土曜午前中 日曜、祝日
高田内科 AM9:30-12:00,PM4:30-7:30 日曜、祝日、水曜
森内科 AM8:45-12:00,PM5:00-7:00木曜土曜午前中 日曜、祝日
よしだこどもクリニック AM9:30-12:00,PM4:00-7:00土曜午前中 日曜、祝日、木曜
野口クリニック AM9:30-13:00,PM4:00-7:00土曜午前中 日曜、祝日

次のページへ前のページへもくじへ戻るホームへ戻る
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

名古屋北中・診診連携・住所一覧 1996/1現在

診療所名
院長名
電 話
FAX
住 所
あだち内科クリニック 足立 信幸 902-5677 902-5699 北区中味腕3-1001
いしぐろクリニック 石黒 良明 903-1133 903-1132 北区如意2-118
しのだクリニック 篠田 繁博 751-1058 751-1058 千種区田代本通5-15
高見医院 高見 和秀 241-3032 262-3290 中区新栄2-13-6
立松医院 立松 廣 841-3844 853-0655 昭和区広見町5-55
なかいで内科 中出 泰充 774-0406 775-5214 千種区新西2-9-3
野口クリニック 野口 幸啓 763-7711 763-7711 千種区仲田2-18-21
森内科 森 博彦 751-4996 752-0036 千種区高見1-22-19
やまもと医院 山本 尚哉 723-5511 723-5501 千種区天満通1-41-1
柴田内科クリニック 柴田 恒洋 902-6511 902-6512 北区会所通226

前のページへもくじへ戻るホームへ戻る
Copyright © 1996平成8年8月8日
ボランティア・グループ・ サークルπ
このページの更新・平成19年8月13日
この頁は終わりです。