美術のながれと皮革文化の研究および人々のくらしと皮革について

展覧会企画・実施・図録作成

昭和63年

蘇る擬革紙展−革から紙へ・東西文化の交流ときんからかわ
名古屋・電気文化会館ギャラリー
平成1年
きんからかわの世界展−日蘭修好380周年記念
東京・渋谷・たばこと塩の博物館
平成2年
きんからかわの世界展−日蘭修好380周年記念
兵庫・姫路・兵庫県立歴史博物館

 

著書

昭和58年

革壁紀行 金唐革からユーゲントシュティールへ
泰流社
平成6年
日蘭交流の歴史を歩く(共著)
NTT出版
平成14年
北太平洋地域の交易と工芸 近世日本における皮革製品とその流通(共著)
思文閣出版

ベルギーアントワープ フレースハウスの革壁18世紀
壁面装飾革のヨーロッパでの使用例
日蘭貿易で日本へ渡来し、金唐革と呼ばれて珍重された。
江戸の町できんからかわ細工として親しまれていた。

 

 

森下造形研究室

| TOP | 創作活動 | 研究活動 | 啓蒙活動 | イベント | 出版物 | リンク | お問い合せ |