活動レポート

活動しました!

「東日本大震災復興支援報告」

 

8月2日(木)~5日(日)の3泊4日で大人15人、中学生20人と岩手県釜石市と山田町で支援活動をしてきました。活動としては、山田町の仮設住宅や復興住宅でのサロン活動や山田中学校生徒会との交流、釜石市では、片岸漁港の整備(草取り、ゴミ拾い)、鵜住居復興スタジアムでの整備、復興住宅の住人との意見交換会をしました。 来年、釜石市で開催されるワールドカップに向けてスタジアムが完成していました。町は少しづつ復興へと進んでいました。 毎年思います。現地のみなさんに笑顔で迎えていただき、私たちのほうが元気をもらっているなと。少しでも皆さんの癒しになっていればいいなと思いました。

釜石天神   片岸漁港

復興住宅での交流会(釜石市)           片岸漁港清掃(釜石市)

鵜住居スタジアム   山田中学校

鵜住居復興スタジアムでの活動(釜石市)      山田中学校生徒会との交流(山田町)

山田町民   山田中央団地  

町民グラウンド仮設住宅でのサロン(山田町)    山田中央団地でのサロン(山田町)

 

「人生これから大学 基礎講座」

 7月3日(火)7月10日(火)7月24日(火)の三日間、「人生これから大学基礎講座」を開催しました。連日100名ちかく参加がありました。

しあわせ村多目的ホールで、第1回目は、基礎講座講師竹田 徳則氏の講話で「余暇の楽しみ方や第2の人生の過ごし方」を聞き、第2回目は、各専門講座のオリエンテーションと活動紹介を行いました。第3回目は、「自分×地域を考える」をテーマにグループになってディスカッションをしました。

皆さん、興味深く第1回目の講義を聞かれていました。第2回目は各専門講座の紹介を、現在その講座のボランティアグループに入り活動されている方々や担当職員で行いました。たくさん質問されたりメモを取られたりする姿が印象的でした。

第3回目は、昨年度「人生これから大学」を受講された方が、実際にボランティアグループに入られ、現在のご自身の環境と意識の変化を交えながら体験談をお話しました。受講者の皆さんは、一年後の自分を重ねるような思いで聞かれているようでした。

7月末から専門講座が始まりました。受講者の皆さんは、希望する専門講座を受けています。最後まで頑張ってください!

第1回目   第2回目

 ~第1回目~                  ~第2回目~

第3回目 

 ~第3回目~

ボラ市民活動推進計画 各パンフレット情報 スタッフブログ ボランティア相談員ブログ 社協からのお知らせ ボランティアセンター ほっとプラザ 地域福祉サービスセンター 介護関係・障がい関係 地域包括支援センター 共同募金委員会