tomoyanの遊びを考える HOME


□tomoyanスマホサイト


 おすすめ折り紙のスマホサイトを開設しました。折り紙だけでなくてスマホ版をどんどん増やしていきます。
 写真をクリックするとリンク先へつながるようにしました。
 

  

  

  

  

  

    

   

  

□創作折り紙のまとめ
 ■ホームページ詳細インデックス
□新作インデックス
鳥の眼・虫の眼・仲間の眼
□子どもの発達段階
□第8回にいがた西っ子ふゆまつり
■児童クラブ支援員の仕事と子どもからの学び □放課後児童クラブ運営のための手法
★カプラtomoyan(YouTubeへ)
☆発想の転換(2014・1・19)

 子どもは子ども同士切磋琢磨で成長します。


問い合わせ
☆いろいろ掲示板
□冒頭記

□tomoyanスマホサイト


 スマホ版を作りました。
 □スマホサイト

 児童館や児童クラブ・保育園・学校などにおいて表現する活動の意味を岡田陽先生に私は教えていただきました。平成13年にホームページにアップしました。山形県に児童厚生員2級資格取得研修で表現をやらせてもらいました。資料として引っ張り出してみました。岡田陽先生は『表現とは「オモテにアラワス」と書きます。表にあらわすためには、内なる何かがあるはずです。自分の内面にあるイメージの世界を具体的な形象として外にあらわすことが表現なのです。』と言われています。また『日本古典の「徒然草」にも「おぼしきことを言わぬは、げにぞ腹ふくるる心地しける」とありますが、自分の思っていることを外へ表現するということは、昔から変わらぬ人間の本質的な欲求であることが分かります。』と言われ、児童館や放課後児童クラブこそ表現活動を重視することが必要と言われています。私も本当にそう思います。
    □児童館における表現あそびについて
  9月17日(土)追加
 山形市での児童厚生員の研修会で6枚キラキラシャボン玉を作りました。とても発想が豊かな方々でどんどんイメージを膨らませてくれました。中身を凹ます新作がありました。どんどん変化させていくことが表現遊びにつながりますね。
   

             by阿達さんin山形
 未満児(主に2歳児)が楽しく遊べて、応用力があり、とても簡単で動くものを提案していきたいと思います。
 東京オリンピックに向けて英語にもチャレンジしていきたいと思います。
         
     □放課後児童クラブ運営のための手法

   
 
                 (2016年9月19日)

yahoo  

カプラホームページ

□創作折り紙のまとめ

 ■ホームページ詳細インデック
□オリコ風車
□異年齢グループワークについて
わかりやすいようにインデックスにまとめました
上記インデックスよりみてください





  このホームページは管理人ともやんの自己 責任において編集しています。

  遊びを考えるホームページは2002年5月 より始めました。これからもよろしくお願いし ます。

★tomoyanの活動を考える

■tomoyanの遊びを考えるPARTⅡ

■tomoyanのジオシティ

☆tomoyanのFCサイト

 ■ホームページ詳細インデックス  

 ■詳細PART2


 ■ジャンケン遊びムービー(PARTⅡ)

 ■ケースワークとグループワークとコミュニテ ィーワ 
        
 子どもの目線の下からの大発見を 

 
 
 




































   CONTENTS MENU


 tomoyanのプロフィール

 遊び場環境作りと遊びの手法

  (遊びの手法を紹介しています。)

 
 子どもの遊びを紹介

  
 動く・簡単・面白い折り紙遊び

■写真館1


■写真館2



過去の日記
  ◆ともやん日記


 □平島公園日記


 □カプラ®ブロッククラブ


◆Facebook


 ■デジカメムービーのコーナー


△tomoyant123ジオシティー


 ◆tomoyanの『遊びを考える』ジオシティー


 自然と遊ぼう